ICカードの社員証にする

ICカードの社員証にする ICカードの社員証にすれば、様々なメリットがあるので、これからの会社や公務員もほとんどがこの方向性になると考えられます。
というのは、ICカードの社員証にして、これで部屋の入退室管理をすればそれで出退勤の管理も出来るようになり、タイムカードも自動的にこのカードで管理することが出来るようになります。
そうなれば、セキュリティ面でも大幅に良くなることは間違いなくて、部外者の入室をこれで制限することも出来るようになりますし、更には特定の権利者だけが入室できるというシステムも作る事が出来るようになります。
管理者のみしか作業できない端末をこれで作るという事も出来るようになりますから、安全性の確保という事に関しては、飛躍的に上がると考えていいでしょう。
情報管理などが問われることが多いこれからの社会では、この安全性の確保は会社にとって欠かす事が出来ない課題になります。
そうなれば、当然このICカードの活用というのは重要視される事になるでしょう。

ICカードのセキュリティは信頼できるのか

ICカードのセキュリティは信頼できるのか 電車の定期や銀行のキャッシュカード、クレジットカードなど、ICチップが埋め込まれたICカードを持っている人は多いです。
従来の磁気テープを使ったカードに比べて格段に高いセキュリティで守られているわけですが、絶対にICカードが安全という話でもありません。
というのも、ICカードは非接触式で情報を読み取ることができるので、犯罪者が電車やお店でそばにいるときに情報を抜かれて複製されてしまう可能性は出てきます。
とはいえそのための機械は海外で出始めたばかりですし、記録されている情報は暗号化されているので簡単には読み解くことは出来ません。
ですから、日本でその被害にあう心配はあまりないでしょう。
それでもICカードの情報を守りたいのであれば、金属のカードを一緒にしたり金属製のカードケースを使うことで、外部から読み取り出来ないようにすれば更に高いセキュリティを確保できます。
ただ、使うときにはカードを取り出す必要があるので、非接触型という利便性は損なわれてしまうのが難点です。