紛失時には再発行が可能

紛失時には再発行が可能 ICカードを紛失してしまった場合には、再度手続きをすることによって再発行することが可能です。手続きに際しては書類に必要事項を入力する必要があります。住所氏名、生年月日、会社の所属まで詳しく登録し直すことが必須となるので、事項をきちんと入力することが求められます。
ICカードの発行には、その作成に時間がかかるため、数雨習慣から1ヶ月ほど時間がかかります。その間は社員証として仮のカードが発行されるのでそれを使ってアナログで登録することになります。数週間から1ヶ月の間は多少不便を感じることがありますが、その期間さえ我慢すればきちんと発行されるので発行されるのを待ちましょう。会社によればICカードの再発行に際しては別途手数料がかかるところもあるので事前に調べておく必要があります。それでもそれほど高額な費用が請求されることは殆ど無いので、規定通りの手数料を支払うことによってICカードを発行してもらいましょう。

ICカードの制作料金を安くするならリベロカード

ICカードの制作料金を安くするならリベロカード ICカードを安く制作してくれることから人気を集めているのがLIBERO CARD(リベロカード)です。こちらでは、会員証を始めに診察券やVIP、ポイントや色無地、IDカードなどを扱っています。メンバーズカードは、プラスティックやPETなどの種類があります。このうちからプラスティックは、青やピンク、黄や黒の4色、厚みは3つのタイプから選べるようになっており、50枚から申し込むことが出来ます。
PETカードの薄さは0.25mm、マット調で柔らかく、耐久性に優れた種類です。こちらメンバーズや会員証を始めに診察券、ポイントカードなどを発行に向いており、1,000枚から申し込みが出来ます。気になる制作料金は、1,000枚で40,000円、最大の10,000枚で94,000円です。このICカードを4色で申し込む場合の制作料金は、1,000枚が55,000円で最大の10,000枚が112,000円となっています。