テンプレートのデメリット

テンプレートのデメリット 近年では、社員証やポイントカードなどでICカードを導入するケースが増加しています。オリジナルのICカードを作成したい時には、依頼企業が制作会社に依頼するのが一般的です。サービスによっては予めテンプレートが用意されており、直ぐに発注をしたい時には重宝します。しかし、テンプレートを使うデメリットは画一的な物になってしまう事であり、オリジナル性を出したい時には適していません。デザインを重視するのであれば、雛形ではなく、一からデザインしたデータを入稿して制作会社に作ってもらう事です。

雛形を活用したICカード作りは大量に同じデザインの物を用意するのには最適ですが、企業カラーを出したいといった要望があるなら、雛形を使わない事が有効です。ICカードを導入する事で、入退社チェックがし易くなったり、顧客に対してポイントサービスを提供してポイント還元を行うといった事も行えます。デメリットを意識しながらカードを作ると良いでしょう。

ICカードプリンタは使い方が簡単で誰でも簡単に印刷できる

ICカードプリンタは使い方が簡単で誰でも簡単に印刷できる ICカードプリンタは、何も印刷されていないICカードにデザインや顔写真などを印刷する目的で利用します。それ専用の機材がメーカーから販売されていて、自前で社員証や学生証を印刷するのに利用できます。生の何も印刷されていないものは売られているので、それを購入して印刷して完成品にします。使い方は簡単で、パソコンでデータを作成してそれを印刷するだけです。それぞれのプリンタの説明書を見ながら操作すれば終わります。

印刷する方式は、インクジェット方式と再転写方式があります。インクジェットは直接カードにインクを載せるタイプで、再転写はフィルムに印刷したものをカードに転写する方式です。前者は印刷できるカードの種類が限られますが、後者は転写するので様々な素材のカードに印刷できるメリットがあります。両方が一つで使えるタイプも存在しており、用途に応じて使い分けることを考えているなら、まとまっている物を購入したほうが幅が広がります。