ICカードのセキュリティ面

ICカードのセキュリティ面 近年技術が進歩していることもあって、ICカードが幅広く普及しつつあります。セキュリティに関して、ICカードには様々な重要な情報などが組み込まれることが多くなってきました。時代的背景を受けて、しっかりと秘密を保持できるような機能が開発されています。一言でICカードと言っても、種類が豊富で様々な特徴があるものが出ています。その中の主なものが接触型カードと非接触型カードです。
現在幅広く広まっているICカードには、いくつかセキュリティに関する機能が備わっています。暗証番号を設けてアクセスの際の制御を設けたり、暗号処理を行う、耐タンパ機能を設置するなど内容は様々です。近年ではこれらの内容に加えてセキュア・ダウンローディングなどといった、新しいシステムが導入されているカードも増えてきています。ただ単に安全性に関わるシステムを増やしていくというわけでなく、一つ一つの質を高めてより強い仕組みとなるように強化をしています。

ICカードへの切り替わりとその用途

ICカードへの切り替わりとその用途 ほとんどの方々が最低でも1枚は持っているICカード。磁気カードからの切り替えが盛んにおこなわれています。そもそもICカードとは半導体であるICチップをカードに埋め込み、様々な情報をチップへ書き込んだものです。チップ内に記録される情報は様々であり、例えばクレジットカードであればカード番号はもちろん氏名や年齢など様々な個人情報が暗号化されて記録されています。
近年で最も身近なものが電子マネーであり、チップに残高が記録されていることは使っている方には承知の通りです。その他にも使用者の年齢なども記録されており、その情報は商品を購入したお店を通じて利用会社に収集されています。そして利用会社は、どの年齢層がどのような商品を購入しているかのデータ収集の目的用途としても使用しているのです。
最近ではパスポートや運転免許証にもチップが埋め込まれ、ICカード化しています。磁気カードとは情報記録量が比較にならないほど優れているため、今後は磁気カードとの置き換わりが進んでいくものと思われます。