IDカードの意味と便利な特徴

IDカードの意味と便利な特徴 IDカードは、Identification_cardの略で会社や学校などの法人等で身分を簡単に確認できるカードを意味します。一般的な特徴は、利用している所属機関である企業名や学校名の他に個人の名前が記されています。個人を簡単に特定するための、写真が添付してあることも珍しくありません。企業によっては、IDカードに磁気エンコードやバーコードを埋め込んで鍵の代わりに使っているところもあります。個人を特定することもできるので、どの社員が何時にそのドアを開けたかなどもわかる便利なカードです。社員の出勤状況を把握するだけでなく、防犯面でもかなり優れたキーカードとなるでしょう。中には、ICチップを埋め込んだりクレジット機能を付帯させているところもあります。仕事で必要な備品や出張の際の航空券などをIDカード付きのクレジットカードで購入するなど、経理の面から見ても便利な使い方が可能です。ただし、機能を追加したIDカードは便利ですが紛失などには注意が必要になってきます。

IDカードの種類と使用する場所

IDカードの種類と使用する場所 IDカードは組織などに属した時に組織から与えられるもので、一人一人が持ち、身分証明などに使われるものです。例えば企業に入社した時に与えられ、会社の建物内や各居室に入る際に提示したり、磁気ストライプが裏に施されているものであればカードリーダーに通したり、ICチップが埋め込まれているものならかざしたりします。それによってドアが自動的に開錠され中に入ることが出来るようになります。IDカードには、本人に割り振られた管理番号や氏名、それに顔写真などが見える形で印刷されます。その他にも会社であれば部署名なども記載されたりします。色々な種類があり社員証や学生証として、それに単なる名札としても使用されます。使用場所は先程も紹介したように、会社の建物の出入り口もありますし、学校の図書館での本の貸し出しなどでも利用されたりします。その他にも多くの立場の人が出入りする展示会場などでも使用されたりします。カードホルダーに入れて見える形で首からかけておけば、関係者かそうでないかが一目でわかるので大変便利です。